食欲抑制 海外 サプリ

食欲抑制する海外の痩せるサプリおすすめランキングベスト3

食欲抑制の効果が高いサプリメントは残念ながら日本では販売されていないですね。

 

なので海外のサプリを紹介します。副作用もあるけど、それだけ効果も高いので使い方次第ではダイエット効果を出せるかも。

 

食欲抑制の海外サプリで人気の7商品を見ていきましょう。

 

商品名 価格 主要成分 1日あたり
リデュース(Reduce) 1箱30錠4,480円 ジブトラミン15mg 149.3円
リポドリン(Lipodrene) 1本100錠5,163円 サーモRXR&エクステンドRx?テクノロジー独自ブレンド:560mg、エフェドラエキス25mg(葉) 51.6円
BBXダイエットサプリメント 1袋30錠5,148円 緑茶エキス 200mg、L-カルニチン 150mg、ガルシニアエキス 150mg、白インゲン豆エキス 145mg、 171.6円
ファーミア・スリム 1箱30錠4,950円 緑茶エキス(葉、カメリアシネンシス)、ホーステイルエキス(苗、スギナ)、ブラダーラックエキス(海藻、ヒバマタ)、ガルシニアカンボジアエキス(果実) 165円
ファスティン(Fastin) 1本60錠6,869円 独自ブレンドウィズサーモRxR:245mg フェニルエチルアミンHCl、メチルシネフリンHCI 229円
コントレイブ(Contrave) 1本120錠34,441円 塩酸ナルトレキソン、塩酸ブプロピオン 不活性成分:微結晶性セルロース 717.5円
ザントレックス3ファットバーナー 1本56錠4,420円 Zantrex-3ファットバーナー独自ブレンド:964mg シトラス(果実)エキス、ガラナ(果実)エキス 315.6円
商品名 効果 副作用 安全性
リデュース(Reduce) 食欲抑制、脂肪燃焼 口の渇き・頭痛・便秘・腹痛・高血圧・心拍数の上昇・不眠・眠気や発汗・消化不良・月経痛など 製造企業:ORDAINE社 全てメーカー純正品
リポドリン(Lipodrene) 脂肪燃焼、食欲抑制 動悸、めまい、激しい頭痛、血圧上昇など アメリカで売れ行きNo.1。取り扱いはすべて正規品。
BBXダイエットサプリメント 食欲抑制、脂肪燃焼 下痢やお腹がゆるくなるなどの症状が起こることがある タイ国FDA承認。取り扱いはすべて正規品。
ファーミア・スリム 食欲抑制、脂肪燃焼、美肌効果 天然成分100%なので副作用の心配はないが、薬剤を服用中の方、治療中の方は、使用前に医師に相談 FDA(米国食品医薬品局)登録・承認。取り扱いはすべて正規品。 
ファスティン(Fastin) 食欲抑制、脂肪燃焼 心拍上昇、めまい、激しい頭痛、息切れなど 肥満専門の医師によって作り出された商品。取り扱いはすべて正規品。
コントレイブ(Contrave) 肥満治療に効果 吐き気、嘔吐、便秘、頭痛、めまい、不眠症、口の渇き、下痢、てんかんなど 米国FDA(米国食品医薬品局)承認。取り扱いはすべて正規品。
ザントレックス3ファットバーナー ダイエットサポート、筋肉生成サポート 特に副作用は報告されていないが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察を受ける ザントレックス3を大幅に改良した商品。取り扱いはすべて正規品。

 

食欲抑制する海外の痩せるサプリメント効果・効能ランキングベスト3

 

リデュース(Reduce)食欲抑制剤

食欲抑制する海外の痩せるサプリおすすめランキングベスト3

 

有名テレビ番組などでも紹介された話題のダイエット薬。

 

ORDAINE社が製造するシブトラミン(Sibutramine)15mg配合の食欲抑制サプリメントリデュース(Reduce)。

 

主成分は塩化ジブトラミンで、ハッピーホルモンとも呼ばれるセロトニンによる食欲を抑制効果と、代謝を促進し脂肪燃焼を促すノルアドレナリンに作用します。

 

1日1錠(午前中)の服用で約1日間、食欲を減退させてダイエットをサポートします。

 

価格:30錠4,480円 60錠7,480円円 100錠9,480円

 

1日あたり(4ヶ月継続で計算):・30錠149.3円 ・60錠124.7円 ・100錠94.8円

 

効果・効能:食欲抑制、脂肪燃焼

 

内容量:1シート10粒 100錠以外は箱無し、小分け

 

全成分:ジブトラミン15mg

 

1日に飲む量:1錠

 

安全性:製造企業:ORDAINE社 全てメーカー純正品

 

送料:エアメール便の場合無料 EMSの場合2,980円

 

 

【BMI32以上、体重87kg以上の肥満体系の方に】

 

ダイエットしようとすると、「いつも以上に食べ過ぎてしまう」「食欲が抑えられない」という方に人気の食欲抑制系サプリ。

 

ダイエットに有効な成分としてジブトラミンが配合されている医薬品は、アメリカだとメリディア、

 

オーストラリアではリダクティルとして取り扱われており、非常に注目されているダイエット薬です。

 

利用者の中には、約6ヶ月継続的に服用(1錠/日)することで6〜10kgの体重減少が観察されたそうです。

 

ジブトラミンの有効性を調べたところ、上記の体重減少が観察されたのは、いずれもBMI32以上、

 

体重87kg以上の肥満体型が対象だったという記述がありました。

 

こちらの商品は現在、個人輸入でのみ取り扱われています。国内では医師の処方が必要な指示薬です。

 

持病をお持ちの方や投薬中の方は必ず医師にご相談ください。

 

副作用として、口の渇き、頭痛、便秘、腹痛、高血圧、心拍数の上昇、不眠、眠気や発汗、消化不良、月経痛などの報告があります。

 

高血圧患者や脳卒中、心疾患のある方は使用できません。

 

副作用についての口コミは口の渇き程度ですが、実感には個人差があるため商品ページに記載されている

 

注意事項などを確認した上で自己責任で判断をお願いします。

【リデュース(Reduce)の口コミ・評価】

 

・リデュースを飲み始めてしばらくの間は喉の乾きを感じるだけで、食欲が減退したとまでは思いませんでした。

 

1ケ月くらい飲み続けたら、お腹は普通に空きますが、どか食いはしなくなりました。

 

現在マイナス3キロなので、もうしばらく続けてみます。「30代、ヤシの実様」

 

・自分ではごはんのおかわりを止められず、リデュースを飲み始めてみました。

 

飲んでいるという安心感もあるのか、冷静におかわりをやめることができています。

 

これ以上太ると本当にまずいので、体重が減るまでは続けたいと思っています。「40代、おかわりちゃん様」

 

・週末や飲み会などではタガが外れたように飲み食いしてしまい、体重も増え続けていました。

 

リデュースを飲み始めたら暴飲暴食しなくなり、半年で8キロ体重が減りました。

 

合う合わないはあるかもしれませんが、試してみる価値はあると思います。「30代、白子様」

 

食欲抑制する海外の痩せるサプリおすすめランキングベスト3

 

 

リポドリン(Lipodrene)

食欲抑制する海外の痩せるサプリおすすめランキングベスト3

 

アメリカで人気のハイテックファーマシューティカルズ社のリボドリン。

 

主成分に、Thermo-Zブランドのエフェドラエキストラクト25mgを配合。

 

さらに緑茶エキスやカフェイン、満腹感を与えるフーディアを組み合わせた食欲抑制サプリです。

 

カロリーを消費して脂肪燃焼のサイクルを促進させることで脂肪を減少させ、食欲や糖分への欲求を抑制することで理想的なスリムボディを目指します。

 

8週間以上の連続使用が禁止されているため、短期集中でボディメイクしたい健康な方にオススメです。

 

価格:1本100錠5,163円 2本セット9,184円

 

1日あたり(4ヶ月継続で計算):1本購入時51.6円 2本セットで購入時45.9円(いずれも朝1粒飲んだ場合)

 

効果・効能:脂肪燃焼、食欲抑制

 

内容量:1本100錠

 

全成分:サーモRXR&エクステンドRx?テクノロジー独自ブレンド:560mg、エフェドラエキス25mg(葉)、ブラックブラッシュエキス(葉)[含有200mg フェニルエチルアミンアルカロイド含む:メチルシネフリン、B-フェニルエチルアミン、N-メチルB-フェニルエチルアミン、R-ベータ-フェニルエチルアミン]、フェニルエチルアミンHCl、25mg シネフリンHCI、テオブロミン、緑茶エキス(45mgEGCG)、1,3-ジメチルアミルアミンHCI、フーディアエキス(サボテン)、カワラケツメイエキス(植物)、ナリンギン(果実)、6.7 ジヒドロキシベルガモチン(果実)、5-メトキシトリプタミンHCI、L-5-ヒドロキシトリプトファン、ヨヒンビンHCI、カフェイン(無水)100mg

 

1日に飲む量:朝1~2粒 昼1粒

 

安全性:アメリカで売れ行きNo.1。取り扱いはすべて正規品。

 

送料:無料

 

 

【期間を定めた目的のあるダイエットにおすすめ】

 

エフェドラは、麻黄(マオウ)と呼ばれる中国の漢方薬。古来から気管支喘息の特効薬として利用されてきました。

 

風邪薬にもわずかながら配合されていて、体温を上げて体の治癒力をサポートしてくれます。

 

体温を上がることで私たちの代謝は促進されます。日常生活やいつもの運動の効果がより実感しやすくなることでしょう。

 

また脂肪燃焼をサポートするカフェインや緑茶エキス、一時期セレブが食欲抑制のために利用して話題になったフーディアも配合。

 

食べすぎを抑えた上で、体が本来持っている代謝の力を高め、脂肪を減らし不要なものの排出を助けて、ダイエットをトータルサポートしてくれます。

 

こちらの商品は個人輸入でのみ取り扱いが可能。注意事項をよく確認し、自己責任でご利用ください。

 

副作用としては動悸、めまい、激しい頭痛、血圧上昇などがあります。持病やアレルギーがある方はご利用を控えるか医師と相談が必要です。

 

口コミ数が500件ほどあるので、購入前に充分に口コミを読んで検討可能。

 

例えば、軽い喘息をもっていた40代肥満体重の女性は、このサプリメントで1ヶ月で7キロ減。

 

体調もよくなり疲れにくくなったという声も。利用前に会社の健康診断で腎臓、肝臓の機能が正常なことを確認してから飲み始めたそうです。

 

さらに、体重を落として動きやすくなった段階で、筋トレや散歩などの運動もスタート。

 

いきなり運動してヒザや腰を痛めてしまえばダイエットは続きません。

 

まず「体を動かせる状態まで減らすために利用する」「8週間以上続けて利用をしないよう」記載されているので、

 

「一定体重まで集中的に落としたい」など目的のあるダイエットに利用するのに最適といえそうです。

【リポドリン(Lipodrene)の口コミ・評価】

 

・リポドリンは副作用が心配でしたので1日1錠から試してみました。

 

特に何の変化もなく、あれ?効いてるのかな?と思いました。

 

ところが普段半身浴をしてもあまり汗が出ないのに、飲んでからはダラダラ汗をかくので効いていると思います。「40代、ちどり様」

 

・リポドリンを飲んでいますが食欲が減退したというより、食欲が起きた時に我慢ができるようになっている気がします。

 

以前は夜に無性にお菓子が食べたくなり、実際に食べていました。

 

1ケ月で5キロ落ちたので、今後はウォーキングなども取り入れてさらに減らしたいです。「30代、まあゆ様」

 

・リポドリンを飲むと胃が少しムカムカするのと頭が痛くなる時がありますが、お腹は空かなくなりました。

 

それと飲んだあとはちょっとドキドキするような感じもあります。

 

1週間で2キロ減ですが、目標はマイナス20キロなので頑張ります。「30代、シープ様」

 

食欲抑制する海外の痩せるサプリおすすめランキングベスト3


 

BBXダイエットサプリメント(Tablet Dietary)

食欲抑制する海外の痩せるサプリおすすめランキングベスト3

 

BBXダイエットサプリメントは、タイ国FDA承認!ストレスが原因で食べすぎや脂肪分の多い食事がやめられない人にぴったりの食欲抑制サプリ。

 

体内で分泌されるストレスホルモン(コルチゾール)を、L-カルニチン、L-チロシン、L-テアニン、CoQ10、αリポ酸、緑茶エキス、

 

クロミウムキレートなどの成分で調整し、過剰な食欲を抑えて食べすぎを予防します。

 

また脂肪に働きかけるオンプンティア・フィカス・インディカ、白インゲン豆エキス海藻エキス配合で摂取した脂肪の吸収を抑える働きも。

 

食前30分前に飲み、3ヶ月以上の継続的な摂取が推奨されています。

 

価格:1袋30錠5,148円 4袋17,176円

 

1日あたり(4ヶ月継続で計算):171.6円 4袋購入の場合143.1円

 

効果・効能:食欲抑制、脂肪燃焼

 

内容量:1袋30錠

 

全成分:緑茶エキス 200mg、L-カルニチン 150mg、ガルシニアエキス 150mg、白インゲン豆エキス 145mg、トウガラシエキス 100mg、海藻エキス 100mg、クレアチン水和物 100mg、インディカ粉末 100mg、共役リノール酸(CLA) 50mg、L-チロシン 50mg、L-テアニン 50mg、小麦胚芽粉 50mg、アルファリポ酸 15mg、コエンザイムQ10 9.5mg、クロムアミノ酸キレート 1mg

 

1日に飲む量:1粒

 

安全性:タイ国FDA承認。取り扱いはすべて正規品。

 

送料:無料

 

 

【ストレス社会で食べすぎてしまうあなたに】

 

ストレスの多い生活や、睡眠不足の毎日が続くと、代謝を抑制するコルチゾールが体内で分泌されます。

 

別名ストレスホルモンとも呼ばれ、炭水化物や脂肪、たんぱく質の代謝を抑制するので、食べた分がどんどん溜まる一方に…。

 

BBXダイエットサプリメントは、、L-カルニチン、L-チロシン、L-テアニン、CoQ10、αリポ酸、緑茶エキス、

 

クロミウムキレートなどの天然原料を使用しコルチゾールの分泌を調整。

 

オンプンティア・フィカス・インディカ、白インゲン豆エキス海藻エキスにより摂取した脂肪の吸収を抑える働きがあります。

 

「できるだけ健康的に痩せたい」と考えながらも、ストレスが原因で食欲を抑えられない人や、脂肪分の多い食事が好きな人など、

 

すぐに生活習慣や環境を変えられない状況で、「食べ過ぎない生活を目指す人」に最適のサプリメントといえるでしょう。

 

美容外科などでも取り扱われていたことがあるようですが、個人輸入で手に入れることもできます。

 

副作用としては、下痢やおなかがゆるくなるといった症状が出ることがあります。

 

メーカー推奨期間は3ヶ月以上の継続摂取。

 

食欲抑制系サプリの中には一定期間以上の使用を制限するものや、持病や体質によって強い副作用が心配されるものもありますが、

 

こちらの商品は天然原料を使用しており、副作用も重篤なものではないのでトライしやすいです。

【BBXダイエットサプリメントの口コミ・評価】

 

・色々なダイエットサプリを試しましたが、BBXが一番私には副作用がなく合っているように思います。

 

毎日飲みたいのですが、私にとっては高価なので、外食に行く時などに飲むようにしています。

 

欲張って注文しないで済むので助かっています。「20代、りい様」

 

・BBXの存在は通っていた美容クリニックで知りました。便秘がちだったのですが、飲み始めてからは逆にお腹は緩めになりました。

 

今のところ毎月1~2kgのペースで順調に落ちているので、このまま続けて太め体型から卒業したいです。「30代、ブランコ様」

 

・BBXダイエットサプリメントは粒が大きくて私には飲みづらいので、ガリガリ噛んで飲んでいます。

 

食事は普通にしていますが、間食をしたいとあまり思わなくなりました。

 

体重は徐々に減り始めているし、副作用も特に感じないので、これからも続けたいと思っています。「20代、かっちゃん様」

 

食欲抑制する海外の痩せるサプリおすすめランキングベスト3


食欲抑制サプリで痩せる効果を出すための選び方と副作用について

【痩せる効果を出す選び方】

 

食欲を抑制させるサプリで、効果が期待できそうなものは海外製品のシェアが高く、人気はあるものの効果が強力で副作用があったりします。

 

重篤な副作用のほかに、飲み始めたら外でトイレができないくらいクサイ便/おならが出た、肉類を食べたら翌日の便が油まみれ…なんてことも。

 

まずは国内商品でも、海外商品でも配合成分を確認してください。

 

どれだけ「痩せるか」ということだけでなく、継続できる期間や、服用時の副作用についてきちんと調べてから購入しましょう。

 

とくに海外製サプリメントは個人輸入での取り扱いが可能なものがほとんど。

 

私たちが普段購入する国内の「健康食品」よりも、海外で認可された「医師が処方する医薬品」を購入するような感覚が近いと思います。

 

そのため効果に期待もできますが、副作用も同じだけ想定されます。購入においては自己責任となります。

 

配合成分と禁忌(一緒飲んではいけない成分や薬、持病など)についてきちんと記載があるサイト、商品を選んでください。

 

【副作用の心配は?どんな成分に気をつければいい?】

 

食欲を抑制する成分の中には、内臓や心臓、血圧などに疾患があると利用できない成分もあります。

 

特に海外製品の場合、成分自体が危険というよりも配合量が多く、効果を実感しやすい反面、

 

過剰摂取した場合の副作用が強く出る可能性が高いことを覚えておきましょう。

 

・エフェドラ、エフェドリン、ゼナドリン 、マオウ(麻黄)

 

エフェドラは漢方薬として親しまれる麻黄のこと。気管支喘息や気管支炎に利用されてきました。

 

その上、交感神経を高め、熱産生を増加させるので体重の減少効果が期待されダイエット薬としても利用されています。

 

ただし、重篤な副作用として脳出血や心筋梗塞などの死亡例があります。

 

医師が必要性を認めて処方し、医師の管理下で使用することが求められます。

 

・ジブトラミン

 

海外では肥満症の治療薬として承認されている例もある中枢性食欲抑制作用の医薬品。日本ではまだ未承認です。

 

重篤は副作用として血圧上昇、心拍数増加の副作用があり、心臓に悪影響を及ぼして死亡した例があります。

 

極度の肥満の場合に、医師の処方、医師の管理下で使用が求められます。

 

そのほか心臓や肝機能、甲状腺障害などの副作用があるフェンフルラミン、死亡例もある甲状腺末をはじめ、

 

重篤な肝機能障害を及ぼすカバ(カヴァ/カバカバ/カヴァカヴァ)、国内では向精神薬として依存性や薬物耐性もあるマジンドール(商品名サノレックス)など。

 

個人利用の場合、血液検査などを実施し利用できる体調かどうかを調べた上で利用中にも血液検査を行って経過もきちんと確認しましょう。

 

また利用方法について一度かかりつけの医師と相談して判断することをおすすめします。

食欲抑制サプリ以外の食欲を抑える方法はこれだ

【不溶性食物繊維が豊富な食材で食欲抑制効果を狙おう】

 

食べるとおなかが膨らむ(満腹感)が増す食べ物や、満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれる食べ物があります。

 

一番手軽なのは、おなかの中で膨らみ食欲を抑えてくれる不溶性食物繊維が入っている食材。

 

身近なものでこれだけたくさんの不溶性食物繊維食材があります。しかも脂肪燃焼や血液サラサラといった嬉しい特典付き。

 

是非、毎日の食事に取り入れてストレスの少ないダイエットを続けましょう。

 

★バナナ
ビタミンB群も豊富なので脂肪燃焼も助けます。

 

★アーモンド
ビタミンB2が豊富で、約70%はオレイン酸。血液中の悪玉コレステロールを抑制し、血液の流れをスムーズにしてくれます。

 

摂取した糖質やたんぱく質を分解し、エネルギーに変換するので、脂肪を溜めにくくしてくれます。高カロリーなので1日25粒程度まで。

 

★アボカド
オレイン酸が豊富なので、アーモンドと同様の効果あり。さらに、L-カルニチンも含まれているため、体に溜まった脂肪の燃焼を助けます。

 

★おから
低カロリーで太りにくい。さらに含まれている大豆サポニンはコレステロールを抑え、血流をスムーズに。

 

さらにたんぱく質不足を予防します。

 

★こんにゃく
含まれているグルコマンナンは腸で分解されるとオリゴ糖に。オリゴ糖がエサとなる善玉菌を増やすのに最適。便秘解消におすすめ。

 

★寒天
こんにゃくと似たようなイメージですが、こちらは胃の中で水分を吸収してゲル状に。

 

他に食べたものを包み込むので、糖質の吸収を遅らせることができます。

 

食事前に寒天を食べると、食事の糖質や脂肪の吸収をおだやかにすることができます。

 

★ダークチョコレート(カカオ含有率70%以上)
実はチョコの原料となるカカオにはリグニン、ヘミセルロースといった不溶性食物繊維が含まれています。

 

さらに血液をサラサラにして代謝を高めるポリフェノールが豊富。

 

余分な糖質や脂肪分が少ないカカオ含有率70%以上であれは、1日50g(板チョコ1枚程度)ならダイエット中に食べても大丈夫です。

 

★ココア
ポリフェノールが豊富で、さらにデオブロミンも含まれているので、コレステロールの酸化を防ぎ血管を拡張することで、

 

血流を促進し代謝を高めます

 

【食欲をコントロールするツボはあるの?】

 

残念ながら食欲がゼロになる効果的なツボはありませんが、食べすぎを予防してくれるツボは存在します。

 

耳の穴の前にある突起(耳珠)の中央に位置する「飢点」を覚えておきましょう。

 

ここを「痛い」と感じる程度の強さでつまみます。息を吐きながらつまみ、息を吸うときに指を離す。

 

これは3分程度続けると、食欲抑制が期待できます。食事をする20〜30分前が目安。

 

耳のツボなら、ピアスをいじるフリをすれば人前でもバレずに、さっと触ることができるのでおすすめです。